妊娠を経験した女性と看護師

生で性行為ができると人気の避妊薬を使うのであれば

コンドームなどを着用せずに生で性行為を行えれば、当然妊娠の可能性が出てきます。
妊娠をしても構わない、妊娠を望んでいるという場合には問題がありませんが妊娠をしても困るという状況で、避妊もせずに性行為を行うということは非常に大きなリスクとなってしまいます。

しかし、中には避妊具をつけると感度が落ちるということで着用を嫌がる人もいますが、一瞬の快楽のためにその後大きな傷を背負う可能性があることを考えると易易と生で性行為を行うべきではありません。
そこで、近年は生で性行為をすることができ感度が損なわれないということで、ピルなどの避妊薬が人気となっていますがこのようなものを使用する場合にはリスクもあるので、そのことをよく理解しておく必要があります。

まず、ピルのリスクとしては薬であるため副作用によって健康被害が発生するおそれがあるということです。
ピルは避妊のためだけに用いられるものではありませんが、避妊を目的と使用する場合快楽の代償として健康に悪影響を及ぼす可能性があるということを理解しておく必要があります。
もちろん、安全性が立証されているものであるため体に大きな悪影響を起こすということは少ないものですが、可能性としてあることを覚えておくことが大切です。
次にピルには避妊効果があっても性感染症を予防する効果はありませんから、ピルを服用することによって性感染症にかかりやすくなってしまうというリスクが有ります。
信頼できるパートナーとだけ性行為をするのであれば、性感染症のリスクはピルを飲んでいても最小限に抑えられますが、ピルを飲んでいるからといって不特定多数の相手と生で性行為をすれば性感染症にかかる可能性が大きく高まってしまいます。