妊娠を経験した女性と看護師

内科で処方される避妊薬の飲み合わせについての説明

人間同士が恋愛関係になると、心がけなければならないことは、避妊です。計画性もなしに子供を出産すると、経済的にも非常に苦労する展開となってしまうことから、金銭的に余裕がない時は、避妊をすることで妊娠を防ぐという人々が多数います。避妊をするための方法は、コンドームを使用するなどが挙げられますが、ピルの服用をすることによって対応することもできます。
ピルと言うのは避妊薬の一種であり、服用し続けている間は妊娠の可能性が極端に低くなります。こういった類の避妊薬は内科などで処方してもらうことができますが、少なからず副作用もあることから、飲みすぎは禁物です。飲みすぎると、不眠や腹痛などの症状に悩まされしまう可能性もあります。また、他の薬との飲み合わせが悪いと、体に対して悪影響を及ぼすこともあるのです。この現象は薬物相互作用と言われていて、薬同士が互いに作用しあうことで、正常な細胞にダメージを与えてしまうのです。
飲み合わせが悪い薬として挙げられるものは、下剤です。ピルと下剤をほとんど同じタイミングで服用してしまうと、体に悪影響を与える可能性があります。また、もう一つは睡眠薬です。睡眠薬のすべてが避妊薬と相性が悪いわけではありませんが、特定の睡眠薬に含まれるとされる成分を取り入れてしまうと、ピルの吸収の働きを悪くしてしまう結果となります。
このような相性の悪い薬同士の飲み合わせを防ぐためには、内科の医師からの意見を聞くことが重要となります。医師や薬剤師は、薬のことをよく熟知しているため、ピルの服用に伴う注意点をすべて教えてくれます。そのため、専門家の意見をよく聞いたうえで、正しい用法で避妊薬を服用することが大切です。